BLOG

知ってほしい!管楽器修理の流れ

2019/05/10

GWも終わり、令和の文字も見慣れてきた今日この頃。いよいよ今年も吹奏楽シーズンの到来です!コンクールに向けて学生さんも大人の方も、徐々に気合が入ってきているように感じます。

 

管楽器を演奏するのに欠かせないのが日頃のメンテナンスとプロによる定期的な調整です。当店には修理や調整について相談ができる管楽器の専門技術者がいるので、修理サービスをうまく活用して、万全の態勢でコンクールに臨みましょう。

 

…とは言っても、どういう風に楽器を点検してもらえるのか。お金は?時間は?…疑問の多い方もいると思うので、皆さんに安心して楽器をお持ち込みいただけるようここでは当店の管楽器リペアの流れをご説明していこうと思います。ちょっと説明が長くなるかもしれないので、時間のない方は、見出しだけでもチェックしてもらえると、何となくざっくり理解できると思います!

 

①受付(電話での事前予約がベター)

楽器を見てほしいと思った方、まずは店頭もしくはお電話でその旨をお伝えください。メールでも受け付けはできますが、お返事に時間がかかることがあります。また、管楽器修理は全て豊橋店で行いますので、豊川店で修理予約を承ることはできません。尚、予約なしでご来店いただいた場合でも、リペアマンの都合が合えばその場で状態を見ることもできます。ただし修理が立て込んでいる、又は予約のお客様がいる場合は楽器を一旦お預かりするか、その場で次回来店のご予約をしていただくことになりますので、ご了承ください。

 

②見積もり(店頭でのお見積もりは無料!)

ご予約いただくなどして店頭にてその場で見積もりが行える場合、楽器にもよりますが10~20分程で見積もり(作業内容と金額、納期の算出)を行います。見積もりは無料です。作業は基本的に見積もりをお伝えし、お客様から了承を頂いてから実施しますのでご安心ください。見積もりの段階で、直してほしい箇所や、預けられる日数、予算などがお決まりであれば、あらかじめリペアマンに伝えていただくと、よりスムーズです。作業料金については、内容によりまちまちで…ご予約時に尋ねられることも多いのですが、基本的に楽器を見ずに料金を申し上げることが出来ません。皆さんとても気になる部分なだけに、大変心苦しいのですが、見積もりだけ取って、実施するかを検討していただくだけでも大歓迎なので、どうか不安がらずにお持ち頂けたらと思います。

 

③楽器の返却(試奏して状態をチェック)

楽器の修理・調整が完了したら、お客様へご連絡をします。受け渡しの際は状態の確認をお願いしますので、マウスピースなどのご用意をお願いします。試奏して気になることがあれば、遠慮なくお申し付けくださいね。確認後料金をお支払い頂き、楽器をご返却します。

 

修理に不安は付きものです。その不安を取り除き、楽器について気軽に相談できるパートナーになれるよう親切・丁寧な対応を心がけていますので、管楽器修理をされる際は、ぜひともオリエント楽器をご利用ください。

 

ご予約・お問い合わせはコチラ

0532-54-5500(オリエント楽器豊橋店)